30キロ痩せた男の楽して痩せたい田中式ダイエットブログ

簡単に、そして楽に、身体や精神的に少しでも無理無く、長続きが出来るダイエット方法を中心に、紹介していくブログです。みんなで脂肪燃焼して理想の体型を手に入れましょう。大切なのは意識する事!!無理したダイエットはリバウンドの原因や精神的にも辛いです。楽しく、簡単に、そして長続きするダイエットを皆さんで模索して行きましょう!!

ふくらはぎスッキリ~踵を上げてふくらはぎを引き締める方法

time 2016/09/19

Pocket

◆ふくらはぎスッキリ~踵を上げてふくらはぎを引き締める方法◆

 

ESTAR0I9A6995_TP_V

 

sponsored link

◆ふくらはぎスッキリ~踵を上げてふくらはぎを引き締める方法◆

 

まいどです~(*^^)v

 

 

来年の東京マラソンに応募していたのですが、先ほど、当たり前のごとく落選の通知が届き、少し凹んでいる、田中誠人です゚(゚´Д`゚)゚

 

 

因みに、来年の東京マラソンの応募人数は過去最高で、倍率は12倍超えていたので、まあ当たらないよねと、割り切りもつきます(笑)

 

◆「カーフレイズ」◆

 

今回は、その場で立ったまま簡単に出来、場所を選ばずに行いやすいトレーニングです。

 

 

それでいて、ふくらはぎに最適な脂肪を燃焼するダイエットの方法「カーフレイズ」について、お伝えします。

 

 

ダイエット効果が期待出来る、今回の痩せポイントとなる部位は「ふくらはぎ」です。

 

 

ランナー、陸上競技者、ふくはらぎを使用するスポーツ競技者であれば殆どの人が知っている、かなり有名なトレーニングメニューです。

 

▼説明▼

 

①肩幅に脚を開いて、立ちます。

 

 

②そのまま、両足のカカトを持ち上げ、つま先立ちになります。

 

▼補足▼

 

①両足のカカトを持ち上げた時に、バランスが取りづらければ、近くに掴まれるモノがある所で行う。

②カカトを持ち上げる際は、ふくらはぎを使用している事をしっかりと意識する。

③強度を上げたい時は、カカトを持ち上げた時に、上げられるところまで上げ、下ろす際もゆっくりと時間をかけて下ろす。

 

▼目標回数▼

 

10回。

 

▼目標セット数▼

 

1~3セット。

 

 

※目標回数、秒数、目標セット回数はあくまでも目安なので、自分の無理の無い範疇で行って下さい。

 

▼注意点▼

 

①勢いよくカカトを持ち上げたり、力を入れすぎると、アキレス腱やふくらはぎ周りの筋肉を、痛める可能性が有るので注意する事。

 

 

②カカトは必要以上に持ち上げる必要は無いので、自分の筋力に有った高さに持ち上げて下さい。

 

 

③慣れるまでは、バランスがとりづらいので、近くにより掛かれる環境で行う事。

 

 

④アキレス腱や、ふくらはぎに痛みを感じたら、中止する事。

 

■あとがき■

 

場所を選ばず、何処でも出来る、かなり効果的なエクササイズなのですが。

 

 

それ故に、他のトレーニングメニューと比べると、強度が高めなので、行う際は注意して行って下さい。

 

 

両足つま先立ちの状態になるので、近くに掴まれるモノがある環境で行う事をオススメします。

 

 

最初は、踵を少し持ち上げるだけでも十分に効果は有るので、自分に無理の無いレベルで行って下さい。

 

 

アスリートの方が日頃から取り入れている、本格的なメニューなので、効果はお墨付きです!!

 

 

ふくらはぎを鍛えれば、細くなり、恩恵として、脚全体のむくみ解消等にも繋がります。

 

 

少しキツいかも知れませんが、効果は抜群ですので、あくまでも自分のやり易い強度と頻度で行ってみて下さいね♪

 

 

では、今回はこの辺で、また次会お会いしましょう♪

 



各ブログランキングに参加しています。

日々の励みになるので良ければ1クリック頂けるとウレしいです♪

 


ブロトピ:今日のブログ更新


【ファンケル】大人のカロリミット♪今なら合計4週間分1,000円!


貴方のダイエットをサポートするアイテムをご紹介!!

おすすめダイエットアイテムロゴ640100

噂のサプリメントを使用して痩せられるのかを検証!!

640100サプリメントバナー

噂のクリームを使用して肉割れ、セルライトを消せるのか検証!!

640100クリームバナー


sponsored link

管理人紹介

田中誠人

田中誠人

アラフォー目前の走る事が大好きな酒飲みランナーです(笑) 皆さんに私の持っているダイエット情報をお伝えできれば幸いでございます。 そして、知らない事もこれから学んで行きそれも含めて皆様にお伝えしていければと考えております。 皆様と共に成長出来るサイトを作れる様努力しますので、どうぞ楽しんでご覧下さいませ♪

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。



sponsored link

スポンサードリンク