30キロ痩せた男の楽して痩せたい田中式ダイエットブログ

簡単に、そして楽に、身体や精神的に少しでも無理無く、長続きが出来るダイエット方法を中心に、紹介していくブログです。みんなで脂肪燃焼して理想の体型を手に入れましょう。大切なのは意識する事!!無理したダイエットはリバウンドの原因や精神的にも辛いです。楽しく、簡単に、そして長続きするダイエットを皆さんで模索して行きましょう!!

太もも周りスッキリ~壁を使って踵を持ち上げる筋トレの方法

time 2016/11/09

Pocket

◆太もも周りスッキリ~壁を使って踵を持ち上げる筋トレの方法◆

 

shinncyoutakasugitefainda_tp_v

 

sponsored link

◆「ヒールレッグアップ」◆

 

今回ご紹介するのは、立った状態で壁に手をついて出来る筋トレの方法です。

 

 

立てる場所と体勢を支えられるモノが有れば、簡単に何処でも行う事が出来ます。

 

 

立った状態で、片方の足の踵を持ち上げるだけで出来る、筋トレメニューとなっています。

 

 

太もも、もも裏の脂肪燃焼に最適な「ヒールレッグアップ」について、お伝えさせていただきます。

 

 

この筋トレで引き締め効果が期待でき、痩せる見込みのある部位は「太もも、もも裏」です。

 

▼説明▼

 

①肩幅に脚を開き、立ちます。

 

 

②片足はそのまままっすぐの状態に固定し、もう片方の足の膝を曲げながら、踵を膝の高さまで持ち上げます。

 

 

③踵を膝の高さまで上げたら下ろします。

 

 

④今度は反対の足で同様に行います。

 

▼補足▼

 

①立った際に背中が反らない様に気をつけて下さい。

 

 

②バランスを崩しやすい筋トレなので、壁や、掴まれるモノに手を付きながら行って下さい。

 

 

③踵を持ち上げる際、太もも、もも裏の筋肉を使用している事を意識しながら行って下さい。

 

 

④踵はゆっくりと持ち上げて下さい。

 

▼目標回数▼

 

片足につき10回づつ。

 

▼目標セット数▼

 

1~3セット。

 

 

※目標回数、秒数、目標セット回数はあくまでも目安なので、自分の無理の無い範疇で行って下さい。

 

▼注意点▼

 

①勢い良く踵を持ち上げると、太もも周りの筋を痛める可能性があるのでゆっくりと行う事。

 

 

②必要以上に踵を力いっぱい持ち上げる必要は有りません。

 

 

③後ろや、周りに人やモノを置いてないかを確認した上で行って下さい。

 

■あとがき■

 

この運動、一見楽そうに見えますが、それなりに太ももに対して効果が有ります。

 

 

その中でも、一番効果があるのは、やはりなんと言っても、もも裏です。

 

 

もも裏は陸上をやられている人や、日頃から体に対して意識の高い方でない限り、ストレッチ、筋トレは殆どしない部位です。

 

 

それだけに、この筋トレを行ってもらうと、もも裏の筋肉をめちゃくちゃ使用している事を実感出来ます。

 

 

普段使用していない部位を使用する事で、太もも周りの痩身効果、そして身体全体の代謝アップにも繋がります。

 

 

行う際は、バランスを崩さない様に、何かしら掴まれるモノを用意して行う事を推奨いたします。

 

 

普段使わない部位だけに、スグに筋肉痛になる可能性があるので、最初は少ない回数からこなし、徐々に回数、セット数を増やすと効率的に鍛えられます。

 

 

もも裏を鍛えて、太もも周りの引き締めに一役如何でしょうか?

 

 

興味の有る方は是非ともお試し下さい!!

 

 

では、今回はこの辺で、また次回お会いしましょう!!

 

同カテゴリーの他のダイエット方法はこちら↓

太ももダイエット

 



各ブログランキングに参加しています。

日々の励みになるので良ければ1クリック頂けるとウレしいです♪

 


ブロトピ:今日のブログ更新


噂のサプリメントを使用して痩せられるのかを検証!!

640100サプリメントバナー

貴方のダイエットをサポートするアイテムをご紹介!!

おすすめダイエットアイテムロゴ640100

噂のクリームを使用して肉割れ、セルライトを消せるのか検証!!

640100クリームバナー


sponsored link

管理人紹介

田中誠人

田中誠人

アラフォー目前の走る事が大好きな酒飲みランナーです(笑) 皆さんに私の持っているダイエット情報をお伝えできれば幸いでございます。 そして、知らない事もこれから学んで行きそれも含めて皆様にお伝えしていければと考えております。 皆様と共に成長出来るサイトを作れる様努力しますので、どうぞ楽しんでご覧下さいませ♪

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。



sponsored link

スポンサードリンク