30キロ痩せた男の楽して痩せたい田中式ダイエットブログ

簡単に、そして楽に、身体や精神的に少しでも無理無く、長続きが出来るダイエット方法を中心に、紹介していくブログです。みんなで脂肪燃焼して理想の体型を手に入れましょう。大切なのは意識する事!!無理したダイエットはリバウンドの原因や精神的にも辛いです。楽しく、簡単に、そして長続きするダイエットを皆さんで模索して行きましょう!!

二の腕をスッキリ痩せ 1日5分で出来る膝付き腕立ての方法

time 2016/08/10

Pocket

二の腕をスッキリ痩せ 1日5分で出来る膝付き腕立ての方法

 

WEB86_udetate20150207162040_TP_V

 

sponsored link

二の腕をスッキリ痩せ 1日5分で出来る膝付き腕立ての方法

 

 

皆さん、まいどです!!

 

 

ここ最近、毎日の天気が読みづらく、急なゲリラ豪雨でずぶ濡れになったりで涙が止まらない、田中誠人です。

 

 

今回の内容ですが、1日たった5分も有れば短時間で出来る「ヒザつき腕立て伏せ」をご紹介致します。

 

 

これは普通の腕立て伏せだと、強度が高すぎてモチベーションが上がらない人にオススメです。

 

 

文字通り、膝を立てたまま腕立てをするので、その強度は半分如何になるからこそ気軽に出来て続けられると思います。

 

 

今回鍛えられる身体の部位「胸、腕」

 

 

「ヒザつき腕立て伏せ」

 

 

では、早速、やり方の説明します。

 

 

①地面に四つん這いになる。

 

 

②手は肩幅の位置、膝は自然に開ける位置で固定する。

 

 

③腕を伸ばした状態からゆっくりと曲げていき腕立てをする。

 

 

回数は1セット10回~20回を3~5セット行って下さい。

 

 

回数が少ないと思った方は、腕を曲げた時に顎を地面に付ける様にやると強度が上がります。

 

 

次に補足説明ですが、地面に四つん這いになった時と腕立てをしている時は、背中を後ろに剃りすぎない様に気をつけて下さい。

 

 

あまり背中に力を入れすぎると腰を痛める要因の一つになります。

 

 

背中ではなく、お腹でバランスを取る事を意識するとやりやすいです。

 

 

次に、腕立てをする際は、一回一回をしっかりとこなす。

 

 

肘を曲げてまた身体を上に戻す、身体が上に戻った時は腕が曲がらない様にしっかりと肘を伸ばす。

 

 

そして、腕立てで使用している身体の部位である、腕、胸の筋肉をしっかりと使用出来ている事を意識する。

 

 

肘を曲げる際は、自分がキツすぎず、楽すぎない所まで落とすように行って下さい。

 

 

これで、全ての説明は以上になります。

 

 

無理せず、楽しく、自分のペースで理想の身体を手に入れちゃいましょう!!

sponsored link

管理人紹介

田中誠人

田中誠人

アラフォー目前の走る事が大好きな酒飲みランナーです(笑) 皆さんに私の持っているダイエット情報をお伝えできれば幸いでございます。 そして、知らない事もこれから学んで行きそれも含めて皆様にお伝えしていければと考えております。 皆様と共に成長出来るサイトを作れる様努力しますので、どうぞ楽しんでご覧下さいませ♪

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。



sponsored link

スポンサードリンク