30キロ痩せた男の楽して痩せたい田中式ダイエットブログ

簡単に、そして楽に、身体や精神的に少しでも無理無く、長続きが出来るダイエット方法を中心に、紹介していくブログです。みんなで脂肪燃焼して理想の体型を手に入れましょう。大切なのは意識する事!!無理したダイエットはリバウンドの原因や精神的にも辛いです。楽しく、簡単に、そして長続きするダイエットを皆さんで模索して行きましょう!!

炭水化物と合わせて摂取したい食物繊維の太りにくくなる法則

time 2017/05/07

Pocket

炭水化物と合わせて摂取したい食物繊維の太りにくくなる法則

 

ダイエット道

sponsored link

簡単に確実に痩せる方法は有るのか、痩せる為の試行錯誤の道170日目◆

 

このコーナーでは、私自身が運動、筋トレ、ストレッチ、食事内容を見直し。

 

今の状態から、更に痩せる事を目指していきます。

 

走って30キロ痩せて以降、リバウンドや極端に太りこそしなくはなったものの、自分の理想とする体型にはまだまだ程遠いのが現状です。

 

その中で、私が日々行ったトレーニング、運動、ストレッチ、使用したアイテム、サプリメント、そして食事の内容。

 

体重の変動以外にも、体脂肪率、筋肉量、基礎代謝、体内年齢等もお伝えします。

 

更にその時気づいた事等を紹介しながら、痩せる為に出来る事を実践してまいります。

 

余すところなくお伝えしていきますので、是非ともご自身で参考に出来る部分を抜粋されて下さい。

 

では早速、経過170日目の内容をご報告いたします。

 

■トレーニング、運動、ストレッチ内容■

 

ストレッチメニュー

・アキレス腱伸ばし
・足裏ボールコロコロ
・足裏伸ばし
・太もも伸ばし
・オープンレッグ
・もも裏伸ばし
・膝回し
・クロッシング脇腹伸ばし
・寝て脇腹伸ばし
・お尻伸ばし
・お尻ボールコロコロ
・膝パタパタ
・股関節ほぐし
・足首伸ばし
・伸脚
・股関節回し
・足首回し
・肩甲骨開き
・ストレッチポール

 

■食事内容■

 

次に前日と、当日の私が摂取した食事内容をご紹介します。

 

▼間食▼

・ブラックコーヒー(2杯)

 

▼前日夕食▼

・トマト(150グラム)
・イカの塩辛(80グラム)
・納豆オクラキムチ(120グラム)
・鳥のササミとエリンギのもやし炒め(500グラム)

 

▼当日朝食▼

・玄米ご飯(0.5合)
・納豆(1パック)
・味噌汁(1杯)
・さんまの缶詰(80グラム)

 

★「炭水化物と合わせて摂取したい食物繊維の太りにくくなる法則」★

 

炭水化物は太る、確かに炭水化物だけだと食べ過ぎた分が

 

そのまま体の脂肪になるので、太るリスクは増えます。

 

かといって、絶対に炭水化物を食べてはいけない訳では有りません。

 

そこで合わせて食物繊維を摂る事を心がけてください。

 

食物繊維は余分な脂肪を排出しれくれる働きがあります。

 

なので、炭水化物が適量を超えたとしても、食物繊維を

 

合わせて摂取することで太りにくくなります。

 

炭水化物を避けるのでは無く、炭水化物を食べながらも痩せたいと思う方

 

是非とも、炭水化物+食物繊維も率先して合わせて摂取する様にしてみてください。

 

本日の私の計測結果に移りたいと思います!!

 

▼△▼本日の結果発表▼△▼

 

※前日の体重計測は晩御飯前に統一して行っております。

 

▼前日体重▼

 

▼当日体重▼

 

前日体重73.4kg→当日体重74.2kg

 

前日体重比+0.8kg

 

初日測定体重76.7kgから-2.5kg

 

目標体重まで残り4.2キロ

 

体脂肪率 13.9%→14.2%

 

筋肉量 60.0キロ→60.3キロ

 

基礎代謝 1769カロリー→1782カロリー

 

体内年齢 26才→26才

 

■あとがき■

 

おふっふぁああ!!こりゃあ大撃沈もいいところですね(汗)

 

最近上手く体重調整出来ていると思っていただけにショックです。

 

原因は明確で、いつもの通り便がまったく出ませんでした。

 

なので体脂肪率の増加も含めて完敗と言わざるえません。

 

ただ、明日便が解消されればそれに伴い体重の軽減出来ると思うので

 

その辺りも考慮に入れながら調整して行きたいと思います。

sponsored link

管理人紹介

田中誠人

田中誠人

アラフォー目前の走る事が大好きな酒飲みランナーです(笑) 皆さんに私の持っているダイエット情報をお伝えできれば幸いでございます。 そして、知らない事もこれから学んで行きそれも含めて皆様にお伝えしていければと考えております。 皆様と共に成長出来るサイトを作れる様努力しますので、どうぞ楽しんでご覧下さいませ♪

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。



sponsored link

スポンサードリンク